ifの違い 仮定法は「妄想」直説法は「現実」

If文はよくわからない!
混乱しやすいところを簡単にまとめよう……。

自己紹介

名前 おすけぞー

ゲーム好きのサラリーマン。

自分用の勉強記録ブログです。

楽しくオンラインゲームをするには、海外の人との交流が必要になってきたため、英語の勉強を始める。

必要スキル

スマホゲーム:リーディング・ライティング

PS5ゲーム:ヒアリング・スピーキング

仮定法過去と直説法の「if」の違い

英語は「妄想」と「現実」を明確に区別している。

日本語は区別されていない。

お付き合いで友達の旦那が合コンに参加する場面を想定して…「あなたの旦那がイケメンだったら、浮気が心配だよね」と言ったとする。

日本語の場合、話し手が「あなたの旦那」がイケメンかどうか、知っていても知らなくても同じになる。

英語であれば、話し手が「あなたの旦那」がイケメンかどうか知らない場合は条件のifになり、知っていた場合は仮定法過去になる。

仮定法過去だと意味は…
「あなたの旦那がイケメンだったら、浮気が心配だよね」
(あなたの旦那はイケメンじゃないから、浮気の心配はないね)

仮定法過去は「妄想」で、直説法は「現実の可能性がある」という違いがある。

仮定法過去の例文

If I had more money, I would buy a car.

お金がもっとあったら車を買うのにな。

実際は「お金がないから車は買えない」

仮定法過去は書かれたこととは逆の現実が明確になる。

仮定法過去の公式

If + 主語 + 動詞の過去形…, 主語 + would/couldなど + 動詞の原形….

訳:もし主語が〇〇〇なら、主語は〇〇〇するのに。

※現在のことを言っている。

仮定法過去と言われる理由はif内の動詞が過去形だから。でも意味は今(現在)している妄想のこと!

直説法(現在)

If you have 5 millon Yen, you can buy a ALPHARD.

500万円あればアルファードが買えますよ(500万円持っているか知らないけど)

if内もそのあとの文も時制通り現在形。

直説法(未来)

If it rains tomorrow, I will stay at home.

明日雨が降ったら、私は家にいるつもりです(明日雨が降るかはわからない)

if内は未来のことでも現在時制を使う(will rainとはしない)が、そのあとの文は時制通りに未来形

直説法(過去)

If you were busy, you could do it later.

「もし忙しかったなら、あとでやることができたよ」(過去、忙しかったか知らないけど)

If + 主語 + 動詞の過去形, 主語 + could + 動詞の原形になっている
見た目は仮定法過去と同じ
前後の文脈から判断するしかない。

仮定法過去だと判断すると「忙しいなら、あとでやることができるのに」 

現実とは異なるわけだから実際は…

忙しくないので、やっている状態…ということ。違和感がありますね。

直説法は、条件の副詞節(if)と文法書に説明されていることもある。

ifが名詞節の場合

I don’t know if it will rain tomorrow.

明日雨が降るかどうか(ということを)私はわかりません。

if内でwillを使うこともある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次