空気清浄機のフィルター『純正品』と『互換品』の違いとは?

空気清浄機の純正フィルターって、結構高いですよね。

インターネットで調べると互換品が半額程度で販売されています。

金額的に安いのは魅力的ですが、違いが気になりますよね?

今回は純正品と互換品の違いを解説します。

ほとんど写真で比較していきます

自己紹介

管理人:おすけぞー

  • 建築設備機器の専門商社勤務(2007年~)
  • 2級管工事施工管理技士
  • 専門分野
    空調機器:ダイキン工業
    衛生機器:TOTO/LIXIL

空調機器・衛生機器の販売からサービス、技術的な問い合わせに対応

まず初めに…

空気清浄機の性能は何で決まると思いますか?

答えは簡単です。フィルターの性能です。

ダイキンであればストリーマー、他社品では次亜塩素酸など付加価値を提供しておりますが、一番大切なのはフィルターです。

そのフィルターを互換品に変えるという事は、カタログの性能は発揮されません。

見た目は割と似ていますが、目には見えないが実は非常に大切で、まったくの別物です。

目に見えるところでも、それなりに違いはあります。

それでは違いを見ていきましょう。

外観

左:純正品 右:互換品

集塵フィルター前面の比較です。

・ツマミの有無

・フィルターの折り目の数
(純正品:117 互換品:105)

純正品
互換品

写真ではほとんど同じに見えますね。

実際には純正品の方がフィルターの目が細かくてさらさらしら手触り。

互換品は厚めで手触りはざらっとした手触りでした。

布の目が粗ければホコリは取れても、カタログにあるPM2.5などの有害物質は取れません。

見た目でフィルターの性能は判断できませんので、似ているから性能も同じだと判断してはいけません。

左:純正品 右:互換品

集塵フィルター裏面の比較です。

この青い物は脱臭剤です。

純正品は目が細かいのに対して、互換品はまだら模様で目が粗いです。

拡大して見てみます。

純正品
互換品

全然違いますね。

互換品はただの青い糸にしか見えません。

互換品には脱臭性能のある材料は使われていないと推測します。

上:純正品 下:互換品
上:純正品 下:互換品
純正品の細部
互換品の細部

純正品はロット番号で品質管理されていることが分かります。

互換品は写真のように作りが雑なところがありました。

空気は抵抗の少ないところから抜けていきます。

隙間が空いていると、その部分から空気が流れてしまい、空気清浄機の効果が著しく低下します。

純正フィルター
互換品フィルター

重量の違いについてはフィルターの材質が違うのでしょう。

純正品:集塵フィルターの交換目安は10年です
互換品:集塵フィルターの交換目安は3~5年らしいです。

交換目安で考えると、価格差は逆転しますね。

そもそも互換品では、購入時に惹かれて買った空気清浄機も、性能が発揮できません。

何のために空気清浄機を置いているのか、分からなくなってしまいます。

疑問

本当にフィルター交換は10年に1回でいいの?

24時間365日 約5年間使用した純正品フィルター

24時間365日 約5年使用 表面
24時間365日 約5年使用 裏面

使用環境によって汚れの程度も全然違ってきます。

メーカーの試験では、フィルター性能は3年間使用で約20%ダウン、10年間使用で50%ダウンという結果です。

最新機種のTAFUフィルターは性能が上がっていて、3年間使用で5%ダウン、10年間使用で28%ダウンという結果です。

フィルターの違いはこちら

フィルター寿命を縮める要因
  • タバコ
  • ペット
  • 焼肉など油煙が発生する食事
  • 滞在時間が長い
  • 在室人数が多い
おすけぞー

我が家の使用環境
・タバコ吸いません
・ペットいません
・滞在時間は長め
・4人家族

10年程度使用した空気清浄機であれば、新品への交換も検討してもいいでしょう。

10年前のものと比較して、空気清浄機もフィルター性能や構造も改良されてきています。

今回は空気清浄機のフィルター『純正品』と『互換品』の違いについてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次