ダイキンエアコンおすすめシリーズ『寝室・リビング』用途別 

ダイキンのエアコン購入で、どのシリーズにすれば良いか悩んでいる人も多いかと思います。エアコンには多種多様な機能があって、カタログを見ても何となくしか機能のことが分からず、自分にとって役に立つ機能か分からないというのが本当のところだと思います。しかもカタログの機能名を見るとすごくいい機能に見えてしまいます。

実際にはあまり効果のない機能や、購入後に使用しない機能もあるのが現実かなと思います。エアコンを買うときには「エアコンのここが不快・面倒だから改善したい」を優先して「こんな機能があったらいいな」は予算と相談していただくのが良いかと思います。

こんな悩みがある人
  • ダイキンエアコンのおすすめ機能は?
  • うるさらは本当に加湿できるの?
  • 夏場の寝室のエアコンの冷風が不快
  • 梅雨時期のジメジメが不快だけど、除湿運転は寒いと感じる
  • スマートホンで外から運転させたい
  • エアコンのカビが気になる
自己紹介

管理人:おすけぞー

  • 建築設備機器の専門商社勤務(2007年~)
  • 2級管工事施工管理技士
  • 専門分野
    空調機器:ダイキン工業
    衛生機器:TOTO/LIXIL

空調機器・衛生機器の販売からサービス、技術的な問い合わせに対応

まず先に、ダイキンエアコンのシリーズにおすすめを分かりやすくお伝えします。

ダイキンエアコンのグレードは2024年で全10機種になります。内3機種は寒冷地用になります。

エアコンには住宅設備用モデルと量販店用モデルがありますが、機能性能は同じです。

FX(F)シリーズは2023年で廃番になり、2024年モデルは発売されません。

グレードはこんな感じ

機能性と価格を考慮して、おすすめすると下記のようになります。
★が多いほうがおすすめです。

シリーズ別おすすめ度

Eシリーズ  ★★★★★

VXシリーズ  ★☆☆☆☆

CXシリーズ  ★★★★☆

FXシリーズ  ★★★★☆

SXシリーズ  ★★★☆☆

MXシリーズ ★★☆☆☆

AXシリーズ  ★★★★★

RXシリーズ  ★★★★☆

目次

ダイキンのエアコンにもいろいろな機能がありますが、本当におすすめできる機能は次の4つです。
各シリーズにどんな機能があるかはカタログに書いてあります。

  • 垂直気流/サーキュレーション気流
  • さらら除湿リニアハイブリッド方式
  • 無線LAN接続アダプター
  • うるる加湿 ※うるさらRX

垂直気流/サーキュレーション気流 おすすめ理由

垂直気流/サーキュレーション気流の機能は、R(RX)シリーズ、A(AX)シリーズに搭載されています。エアコンの風が身体に当たるのが苦手な人にはおすすめです。風量が強かったり障害物があると空気が跳ね返りやすいので、風を感じることもありますが、上手に使えばエアコンの風を感じにくくなります。夏場の寝室でエアコンの風が当たるのが嫌いな人に特におすすめしたいです。

さらら除湿(リニアハイブリッド方式) おすすめ理由

さらら除湿(リニアハイブリッド方式)の機能は、R(RX)シリーズ、A(AX)シリーズに搭載されています。梅雨時期のジメジメ感が苦手な人で、ドライ運転を使う方におすすめします。ドライ運転をすると寒くなってエアコンを止めたことはないでしょうか?この機能は寒くなりにくいドライ運転が可能です。

無線LAN接続アダプター おすすめ理由

無線LAN接続アダプターはエアコンを遠隔操作するのに必要になります。Eシリーズ以外は標準搭載です。Eシリーズにも別売品購入で取り付けは可能ですが、C(CX)シリーズよりもトータルコストが高くなってしまうかもしれません。

ダイキンエアコンの遠隔操作はWi-Fiを利用して、専用のアプリでエアコンの操作が可能になります。リビングから寝室のエアコンを運転させたり、帰宅前にリビングのエアコンを運転させたりと非常に便利です。エアコンのセンサーで計測した室内温度も表示されるため、ペットを室内で飼っている方にも良い機能です。

うるる加湿 ※うるさらRX おすすめ理由

うるる加湿はR(RX)シリーズ・M(MX)シリーズに搭載されている機能になります。給水なしで加湿ができるのは非常に便利なのでおすすめします。M(MX)シリーズ(うるさらmini)は買ってはダメです。

うるさらminiを購入する理由は、加湿機能に魅力を感じ、うるさらXと比較して安いという理由で購入する人がほとんどだと思います。うるさらminiは暖房サーモオフ(室内温度が設定温度に達した)場合は加湿運転しません。魅力を感じた加湿機能が思っていた動きをしないことになります。詳細は別記事で紹介していますので参考にしてください。

カビが気になる人

エアコンのカビは冷房運転時の結露が大きな原因になります。運転停止後に一定時間ファンを動かしっぱなしにして、乾燥させる機能が全てのモデルに標準搭載されています。

シリーズによって熱交換器を洗う機能、防カビ機能が違いますが、一番大切なのは冷房運転後に熱交換器などエアコンを乾かすことです。ダイキン製品は工場出荷時には乾燥機能がONになっています。冷房運転を停止してもエアコンを乾燥させるために送風運転を継続します。この状態で停止を押すと乾燥運転が止まってしまいます。そうするとカビが大量発生しますので注意してください。

Eシリーズがおすすめな人
  • 最低限の機能で十分
  • 最低限の機能でも質は大切にしたい
  • 価格を抑えたい
CX,FXシリーズがおすすめな人
  • フィルターお掃除機能が欲しい
  • 遠隔操作がしたい
  • 最低限+αの機能は欲しいけど価格を抑えたい
SXシリーズがおすすめな人
  • デザインを重視したい人
AXシリーズがおすすめな人
  • エアコンの風が嫌い
  • 除湿したいけど寒くなるのは嫌
  • 遠隔操作がしたい
  • 高機能エアコンが欲しい
RXシリーズ(うるさらX)がおすすめな人
  • 加湿機能が欲しい人
  • エアコンの風が嫌い
  • 除湿したいけど寒くなるのは嫌
  • 遠隔操作がしたい
  • 高機能エアコンが欲しい
MXシリーズがおすすめできない理由
  • 加湿制御の関係で十分な加湿量が得られない

加湿機能が欲しくて、うるさらminiを買うのに設定温度に達すると加湿運転しないのでは、買う価値は下がります。
加湿機能が欲しいなら、うるさらXです。

VXシリーズがおすすめできない理由
  • 給気換気時の音がうるさい
  • 機能の割に高く、施工費も高くなります。

コロナもピークを過ぎ、家庭内で給気換気をしようとする意識も無くなってきましたよね。実際に私の勤務先ではほとんど販売していません。
ただ、換気はきちんとできますので、エアコンを使って換気したい人にはお勧めです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次